ではタイムマシンに乗ってきます、未来で会いましょう

つまり残された時間はあと15分。たらたらと文章を少しずつ考えてちまちまとしておったらあっという間に明日になってしまう。
そんなことでは明日の俺がスリーピーボーイおじさんとなってしまい具合が悪い。
だから寝るのである。
ならばブログなどしたためずに即座に寝れば良いと大人たちは言うけれど、俺は今日重大な発見をしてしまったのでここに記すす。
隔世遺伝の秘密に気がついてしまったのだ!なぜいったい隔世遺伝が起こるのか。分かってしまった。これには隔世遺伝界に衝撃が走るだろう。しかし今日中に詳しく書き記す時間を俺は所有していません。なぜなら、私は今日の12時が終るまでにベッドに行って寝る予定だからです。しかしながら、私が秘密を発見したということを書き記すことによって私はその秘密を発見したということを忘れずに、将来の時間において思い出すことをすることが可能となるでしょう。ですので私が私の時間を所有している未来の時に書きましょう。

4月になり、生活の規則正しくなり加減にめまいがする日々を送っている私です。
えー、だめだ時間切れタイムアップだ明日の朝にタイムスリップする時間だ、布団はタイムマシン、未来へのみ進むタイムマシン、布団に乗り込み掛け布団という名の蓋をして自らの眼を閉じると、体調などにもよるがおよそ10分ほどで約6時間から8時間未来へとタイムスリップできるのだ。目覚まし時計というタイムマシンに付属している装置に行きたい未来の時間を設定してスイッチを入れれば正確にその時間までタイムスリップ出来るはず。極稀に設定時間より前に到着してしまうこともあるのだが、その際は二度寝、いや再度タイムマシンに乗り込み目を閉じればよいだけの話。
では未来へ行ってきます。
2011/04/21/23:58 | Comment(0) | written by カミオ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。